AED(エー・イー・ディー)は日本語で自動体外式除細動機といって、心臓が突然止まってしまった人に使用することで心臓のリズムを正しく蘇生させるための治療機械です。 心臓が突然止まって倒れてしまう人は心臓の筋肉が痙攣を起こしていたり、心臓から血液が全身に送れなくなってしまっていることが考えられます。 不整脈や心室細動、心室瀕拍が原因になっていて、AEDはこれらの症状に電気ショックを与えて蘇生をさせることができるのです。

もちろんAEDで全ての心臓の症状を治療できるわけではありませんが、その判断はAEDが自動で行って治療をするべきかどうかを決めて始動しますので、知識を持っていない人でも安心して万が一の事態に備えられるようになっているのです。 心臓の悪い人が集まる病院だけでなく空港や学校、公園やいろいろな施設など、さまざまな場所にAEDが設置されるようになりました。 こうした心臓の症状は一刻も早い治療が必要なので、医師や救急隊員の到着を待ってからの治療では手遅れになってしまう可能性があります。
そこでこうした公共の場や学校、施設内にAEDが設置されるようになり、設置されている場所には専用のマークが有り、いざという時に見つけやすいという工夫がされています。

以前は専門家が使うものだった治療器具AEDですが、平成16年からは一般の方もAEDを使って治療をすることができるようになりました。 ただしやはり事前に講習などを受けて、正しい使い方を理解していることが望ましいです。 人の命を救うこのAEDを導入しようと検討されている団体や施設も増えてきました。

気になるAEDの値段はいくらくらいでしょうか。 メーカーによってさまざまなタイプがあり価格も変わってきますが、一般的に約40万円~80万円で購入することができます。 また心臓病を患っているなど自宅用に個人で使用したいという方のために、レンタルサービスを開始しているところもあり月額7000円程度で自宅にてAEDを使うこともできます。
レンタルであれば高額なAEDを購入しなくても、その恩恵にあずかることができます。 AEDは人の命を救う可能性のある大事な治療機器ですので、現在も小型化や操作の簡易化が進められていてますます進化しています。 それに伴って公園や公共施設や商業施設、学校など多くの場所でAEDを設置できるような、低価格化を実現していきたいという動きもあります。

実際に動き出しているところはまだ少ないですが、すでにお求めやすい価格プランに見直されているところもあるので探してみて頂ければと思います。
人命救助に使う道具なのでなかなかイメージがわかないAEDの価格ですが、しっかりと見積もりを出してくれるところをオススメします。 それぞれの状況にしっかりと合わせてくれることが低価格を実現できているのです。 どんなに素晴らしい製品があっても実際にその場になければ何の意味も成さないので、どにでもあり誰でも躊躇なく使える世の中になることを心から願います。